gift member

       

山崎和加子 山崎春人 (里山保育 森林インストラクター)

通称マリオさんピーチさんご夫妻。02年に西宮市から丹波市へ移住。丹波の子どもたちを中心に、森の遊び方や草花等の豊富な知識を伝え、キャンプや川遊び等を行う「あそびの学校」の校長を務めるマリオさんと山菜料理教室やいなか暮らしを伝えるピーチさんの素敵なご夫妻。

婦木克則 (農業 農家民宿)

婦木農場10代目。「今、農村はおもしろい!」と農村体感施設を設立。地域の農業発展の立役者。

中川ミミ (住まい 地域おこし協力隊 海外対応)

国際NGOハビタットにて活動後、丹波に帰郷。「住まいるバンク」を立ち上げ、丹波の定住促進に尽力する。

高嶋正晴 (地域づくり)

立命館大学産業社会学部教授。持続可能な地域社会、農山村の活性化などを研究。

安田哲也 (林業 森林保全)

NPO法人サウンドウッズ代表。木づかいで森を育てる仕掛けづくりと、森とまちをつなぐ人材育成に取り組む。

辻康裕 (飲食経営)

辻よしオーナー。青年会議所時代にちーたん災害ネットを立ち上げる。

谷水ゆかり (子育て支援 女性の自立)

NPO法人Tプラスファミリーサポート代表。子育てする女性を支援し、自分らしい女性の生き方を応援する。

出町慎 (空き家活用 地域デザイン)

佐治倶楽部。空き家を改修・活用し地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。

藤本傑士 (農家レストラン 田舎で起業)

農家レストラン三心五観オーナー。大路未来会議で「あそびの学校」やツリーハウスをつくり、子どもたちの未来を考える。

鴻谷佳彦 (飲食経営 六次化教育)

グライネとして若者支援を行う。鹿料理の普及と共に六次化産業や経営など氷上高校の教育にも携わる。

湯山加奈子 (地域ICT)

システムエンジニア。フリーでプログラマとして働く一方、丹波市を拠点にITアドバイザーとして活動している。